ハンドメイドレザーデザイン
レザーアイテムをハンドメイドするアトリエグランディール

> >


いろいろな革

哺乳類の革

「どのようなが使われているか。」

革が好きな方なら興味や疑問を持たれているのではないでしょうか。
革は財布や鞄、ベルトなど様々なアイテムに使われています。
」と一言で言っても様々な種類があります。
革がある生活を楽しんでいただけるように、動物別に革をご紹介します。


牛革 -Cow leather-

牛革 Cow leather

エイジングを楽しめる革の代表格

牛革は古くから革製品に使われ革素材の代表格です。
革の表面は美しく丈夫で様々なアイテムに使われています。 性別や年齢によって細かく分けられることもあります。

代表的な牛革製品
財布(ウォレット)、鞄(バッグ)、靴(シューズ)、ベルト、小物など

牛革のレザーアイテム
>レザーフィンコインケース
>オイルシュリンクレザーフィンコインケース

馬革 -Horse leather-

馬革 Horse leather

美しい光沢が魅力の革

全体的には革の繊維が荒く厚さがうすいのが特徴です。
強度より柔軟性を求める製品に多く使われています。
臀部の革はコードバンと呼ばれ、たいへん緻密な繊維構造をしています。
採取量が少なく、とても美しい光沢があるため高級な革素材です。

代表的な馬革製品
財布(ウォレット)、鞄(バッグ)、靴(シューズ)、ベルト、小物など

山羊革 -Goat leather-

山羊革 Goat leather

独特のきめ細かい柔らかな革

大人の山羊革をゴートスキン、子供の山羊革をキッドスキンと呼びます。
共に薄く柔らかいが革の繊維構造が緻密で丈夫です。
型崩れしにくいため高級な衣類や手袋に用いられています。

代表的な山羊革製品
財布(ウォレット)、鞄(バッグ)、衣類、手袋、小物など

鹿革 -Deer leather-

鹿革 Deer leather

日本古来から親しまれる耐久性の高い革

植物性のなめし液でなめした鹿革をセーム革と呼びます。
水分を吸収しやすく、伸びても元に戻る性質があります。
日本では古来からの伝統工芸『印伝』や武具の装着用の紐など用いられていました。
また柔らかく、手触りがよいためレンズや車の磨き上げにも使用されています。

代表的な鹿革製品
財布(ウォレット)、衣類、手袋、紐など

羊革 -Sheep leather-

羊革 Sheep leather

ふんわり柔らかい高級な革

大人の羊革をシープスキン、子供の羊革をラムスキンと呼びます。
繊維が荒く強度はあまり期待できませんが、薄くて柔らかい特徴を持っています。
特にラムの手触りはたいへんすばらしく高級な手袋や帽子に使用されています。
毛つき革はムートンと呼ばれコートなどに使われています。

代表的な羊革製品
衣服、手袋、帽子など

豚革 -Pig leather-

豚革 Pig leather

日本国内で自給できる唯一の革

飼育から革製品への生産まで日本で自給できる唯一の革です。
革の表面から床面まで貫通した毛穴が3本1セットあるのが特徴で通気性が良い革素材です。
そのため革の表面を加工したピッグスキンスエードはカジュアルシューズの革素材として人気があります。

代表的な豚革製品
鞄(バッグ)、靴(シューズ)、衣類、小物など




ハンドメイドでレザーアイテムを仕立てるアトリエグランディール